せっかく本堂前まで行ったけど、本堂に入るの忘れてたなぁ(苦笑)
とにかく一服休憩がしたくて、更に裏山に入り込んで、
一服出来る場所を探して歩いた。

弁天さん壱・萬国戦争受難者慰霊塔
弁天さん弐・辯天宗飛龍山冥応寺。
弁天さん参・裏山のヘリポート。 ←今ここ
弁天さん四・水子供養塔。

※画像をクリックしたら元の大きさで見れます。

地元民しか知らんと思われるヘリポート。
裏山から民家のある場所まで繋がってて、
地元民やなかったらここまで来ることは無いと思う。
ぶっちゃけ、裏山は立ち入り禁止なんやけど、
立ち入りを咎める人もおらんのが現状。

は~、あっついあっつい。
さて、一服休憩しましょか~♪と、持参したコーヒーを飲んだら熱かった(;´д`)
肌寒いと思って温めて持って来たけど、冷たいのが良かった…

さっきまでの人の多さが嘘のように、ヘリポート付近は人影もなく、
聞こえて来るのは、風で木々がざわめく音と、鳥の鳴き声だけ。
『 のんびりする 』 ってのは、こういうことやと思った(笑)
人ゴミは職場だけで充分!人ゴミは嫌い!な夫婦なんで、
人がおらんとホンマにホッとするわ~♪

一服もしたし、桜を愛でつつ、移動します。

見たことの無い木に花が咲いてた。
どことなく禍々しい(苦笑)

さて、次は水子供養塔を見に行きます。

これと同じタイルが塔にも使われてます。
水子供養塔
この水子供養塔は昭和54年9月に着工され昭和56年11月に完成しました。塔の高さは地上73m、人間国宝・岡本庄三氏製作の童子像(歌碑に取りつけられているのと同じ物で三態七色のタイルが25,000枚取りつけられ、水子の霊よ天上へという私たちの願いを表しています。
内部は地下に水子の位牌を奉祀する聖堂があり、その上は中央に水子をいつくしむ慈母辯才天女尊像を中心とした礼拝堂となっております。この奉祀室には20万体の霊位が奉祀できるようになっておりますので、ご自由におまいり下さい。又、水子供養について詳しくお知りになりたい方は水子供養塔事務所へお気軽におこし下さい。
ここからのコピペです。

フジテックというランドマークが無くなった今、次なるランドマークはこれしかない?!

福井の山からもハッキリ見えてるしねー。
まさかのリターンズ。より。)←さりげなく宣伝(苦笑)

弁天さん壱・萬国戦争受難者慰霊塔
弁天さん弐・辯天宗飛龍山冥応寺。
弁天さん参・裏山のヘリポート。 ←今ここ
弁天さん四・水子供養塔。