さて、いよいよ待ちに待ったツアーです!
観光バスに乗って、一般者は立ち入れない区域に向かいます。


関空デート   ←今ここ   



大抵が子供連れの家族で来てて、ウチらみたいなカップルは見かけんかった。
中には一人で来てる人が居たはって、ニヤニヤ(・∀・)しながら、
飛行機を食い入るように見てたのには、軽く笑わせて貰いました(笑)



このゲートから向こうは一般者が立ち入れない区域です。



唯一、バスから降りられるのは、展望ホールの前にある、駐車場スペース。
恐らくここが、関係者以外が立ち入れる、最も飛行機に近い位置やろね。
さすが国際空港、見たことの無い尾翼の飛行機がいっぱいやわ~♪
(ちなみにこれは、タイ国際航空の飛行機)



右の水色のボディが大韓航空、左がアシアナ航空。



離陸直後のガルーダ・インドネシア航空。



目の前を横切るキャセイパシフィック航空。



到着したチェジュ航空。



ここ最近、関空には来てなかったらしい海上保安庁のヘリ。ラッキ~♪



機内食工場では、イスラム教徒専門の厨房があるとか。



給油タンクが並んでる辺りでUターンして引き返します。
ちなみに、飛行機のジェット燃料は、
重油、軽油、灯油、ガソリンのどれでしょう?
正解はこの記事の最後に記載します(笑)



町で見かけるコンビニには無いシャワーのマークの看板。
長距離運転手さんの為の設備らしい。(ただし有料)



この塔の最上階、黒い窓の部屋が空港管制室。
テロ対策の為、中から開けて貰う以外に開ける方法が無いらしい。



空港内の消防署やけど、カメラを構えたのが遅かった(;´д`)



ガイドさんがこのようなパネルを使って説明してくれました。
走行中なんで、ブレまくったわ(ノ∀`)



あっと言う間に一時間の見学ツアーが終わってしもた感じ。
もっとゆ~っくり見たかったなぁ(´・ω・`)


先ほどの答え。
ジェット燃料は 、灯油(ケロシン)でした~
厳密には市販されている灯油にほぼ近い成分らしい。


関空デート③に続きます。